裕福父さんの楽生楽遊人生

生活に少しの工夫で豊かな老後生活を手に入れよう!

生活全般

自転車に潜む手軽さゆえの危険

更新日:

自転車の走行レーンが割と確保されていて安心して走れる環境にあるので、私は晴れた日の近隣への外出には自転車を愛用しています。

我家には2台の電動アシスト自転車と1台の普通自転車がありますが、出かける目的に応じて使い分けをしています。

買い物やちょっと離れた坂の上のお店に行くような場合は、電動アシスト自転車を使用し、運動目的で乗るときは普通の自転車を使用しています。

自転車の良さは何といってもその手軽さですね。駐車の煩わしさもありません。

最近自転車の関連する事故が増え、法律的な縛りもそれなりには増えてはいますが、それでもまだまだその手軽さは健在です。

でも皆さん、その手軽さ故のリスクに気が付いていますか。

自転車は法律的には、軽車両に分類されている立派な車両です。ですから公道を走行する際には、自動車と同じように法に基づいてしっかり整備された車両でなければ走行してはいけないのです。

しかし自転車には自動車や自動二輪のような車検制度がありませんから、高価なスポーツ自転車に乗るような一部の趣味人を除けば、ほとんど人が何かの不都合を感じるまで、何の日常点検もしないで乗っているのではないでしょうか。

保管の仕方も、カバーも掛けずに風雨にさらされるような自転車置き場に置きっぱなしという人も多いと思います。

そんな自転車ですが、ママチャリと呼ばれている普通の買い物自転車でもすぐに速度10km/hを超え、下り坂では速度20km/hくらいは簡単に出てしまいます。

走行速度10km/hといえば歩く速さの約2.5倍です。転倒したら相当な事故になる可能性があります。

ところで皆さんは自転車の構造をしげしげとご覧になったことがありますか。もし無いようでしたら一度隅から隅まで正にしげしげと見てみてください。

車やオートバイに比べて、実にシンプルな構造になっていることを再認識すると思います。

1万円そこそこの自転車が売られているのも、なるほどと思えるはずです。

機械の信頼性からすると、このシンプルであることはとても重要な要素ではありますが、裏を返せば、少ない部品で種々の機能を担っていることにもなります。

つまり、一つ部品が壊れるとか緩むとか外れるということがあれば、即座に重大な機能喪失に至る危険性が高くなることを意味しているのです。

何を言いたいかというと、自転車は個々の部品の信頼性が高く、ある意味車以上にしっかりメンテナンスしないと機能が維持できない機械であり危険だということです。

そういう視点で見た場合、1万円そこそこの自転車の部品の信頼性は大丈夫なのかと心配になります。

自転車の走行スピードの遅さゆえに、理由の無い安心感を抱いている方もいると思いますが、それが間違いです。

下り坂を時速20km/hで走行中に急にブレーキが利かなくなった、ハンドルが緩んだ、車輪が振れだした、なんてことを想像してみてください。恐ろしくて想像もしたくないですよね。

自転車に乗る前には、最低タイヤの空気圧、ブレーキの利き具合、ハンドルの閉まり具合くらいはチェックしましょう。

そして年一度は、自転車屋さんで点検してもらうことをお勧めします。

それから大事なことをもう一つ。

自転車を買うときは、フレームの強度やブレーキ性能などの信頼性が保証されている自転車を買うことをお勧めします。

価格は多少あがりますが、先ほど言ったように個々の部品の品質の高さが担保できますので、ここはお金を払うべきところです。

具体的には、自転車業界の自主基準である「自転車安全基準:BAA」をクリアした自転車をお勧めします。

私の知人で、このマークの無い自転車に乗っていて、突然フレームが折損し大けがを負った人がいます。

それから大事なことをもう一つ、自転車に乗るときは、出来るだけヘルメットもかぶり、両手両足の肌がむき出しにならない服装でで乗りましょう。転倒時に体が受けるダメージに大きな差がでますよ。

手軽さには逆行しますが、怪我をしてからでは遅いです。

自転車は正に自己責任の塊みたいな乗り物ですが、便利な乗り物には変わりありません。

メンテナンスをしっかりして、楽しく安全に利用したいものです。

 

-生活全般

Copyright© 裕福父さんの楽生楽遊人生 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.