裕福父さんの楽生楽遊人生

生活に少しの工夫で豊かな老後生活を手に入れよう!

貯蓄と生活

クレジット払いは銀行定期の100倍儲かる

更新日:

少し前まで私にとって現金とは、お金の大切さや有難みを実感させてくれるものでした。

でもその感覚はだんだん薄れてきました。

決してお金の大切さを忘れた訳ではありません。お金の大切さ有難みは、長い人生で身に染みて感じ、完璧に腑に落ちていることです。

そうはいっても、100万円の札束が机の上に置かれているのと、パソコンで100万の数字を打込むのとでは、お金を取り扱う慎重さという点でどうしても違ってきます。

お札なら数え間違えてもせいぜい1~2万円のことですが、パソコンで打ち間違えたら100万円が一桁違う1000万円になったりします。

間違った時の影響は、正に桁違いなのですが、お金を取り扱う慎重さでは、逆に現金の時よりも慎重さを欠き易いので要注意です。

料理屋が、仕入れの数値を間違えて大量に食材を購入して、困っている記事をネットでよく見ますが、他人ごとではありませんね。

数値は、扱うところによってはとても怖いものです。

現在、世の中のお金の流れは、現金から数値(カード払い)に確実に移行しています。

私の生活の中でも、財布の中の現金を使う頻度は激減しています。ほとんどがクレジットカード払いです。

クレジットカードで払えば日によっては大きな割引が適用されるばかりか、今の銀行の金利(0.01%)より百倍以上有難いポイントが付くのですから、今の世の中、現金を使う意味は殆どないと言っても過言ではないと思います。

昔、クレジットカード払いがまだまだ一般的でなかった頃は、クレジットカードで買い物をすると買い過ぎに陥ると良く言われました。

もちろん今でもその可能性は大いにあります。リポ払いなどというクレジット会社の甘い罠に引っかかると、その危険性は高まると私は勝手に思っています。(しっかり管理すれば、そんなことにはならないという意見もあるとは思います。)

その危険性を減らす良い方法があります。

それは、レシートを捨てずに束ねて、目につく所に保管しておくことです。結構な勢いで溜りますよ。

そして月に一回、クレジットカードの明細書を確認しながら、一枚一枚捨てていくのです。

「金使ったな!」という実感が沸いて来ます。

この作業、クレジットカードから不当な引き落としがされていないかをチェックするのにも役立ちます。

年金が銀行に振込まれる。種々の料金も自動で引き落とされる。クレジットカードで買い物して食事して、高速道路を使ってETCで支払う。

現金の出番はジュースの自販機くらいです。

そんな現金レスの時代になりつつありますが、便利の横に寄り添っている危険を忘れずに、賢くクレジットカードを使いたいものです。

 

 

 

 

 

 

-貯蓄と生活

Copyright© 裕福父さんの楽生楽遊人生 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.