裕福父さんの楽生楽遊人生

生活に少しの工夫で豊かな老後生活を手に入れよう!

貯蓄と生活

お金が貯まる生活習慣(その2)

更新日:

私は40年以上、製造会社の開発部門に籍を置いていました。

そして開発業務を日程通りにこなすために、毎月その月と次の月の二か月分の業務計画表を作成していました。

二か月分62列の縦線が入ったA3サイズの用紙で、そこにガントチャート形式で書いていました。

結婚して子供ができた頃だと思いますが、自分たち家族のこれから先の人生年表を作ろうと思い立ち、会社で慣れ親しんでいる二か月業務計画表と同等のスタイルで作りました。

二人目の子供の予定、子供の就学予定、子供の就職予定、マイホーム、結婚記念日、親の年齢、お祝い事などいろいろと書き記しててみました。

これが結構面白かったと記憶しています。なぜってこれからやってくる自分の人生を、タイムマシンにでも乗った気分で自分の思い通りに計画出来てしまうのですから、楽しくない訳がありません。

ただ一つ気に入らなかったことがあります。それはたった1枚のA3用紙の中に私の人生がほぼほぼ納まってしまったことです。

「俺の人生は、たったのA3一枚かい!」人生は短く、はかないものだとしみじみ思いました。

まぁそんなことはさておき、その人生年表ですが、書いてみてこれは良いものを作ったなと直感しました。

作成する前は、自分の人生がこれからどんな展開を見せるかなんて、深く考えることもなくモヤっとした感じでした。

しかし人生年表を作成したことで、先々のことがある程度見渡せるようになり、生活費の変動予測など将来の経済面のことにも関心が及ぶようになりました。

例えば、マイホームを建てる計画を年表に入れたことで、どの程度の頭金をいつ頃までに準備しようという数値目標も期日目標も立てやすくなりました。

年表は、正に人生の「見える化」です。

人生年表を書くことで数値目標というものを持てたことは、その後の私の財産形成にとても良い影響をもたらしたと思っています。

目標は人を動かす原動力だと思います。目標を立てて暮らす習慣を持ちましょう。

自分の人生の先読みが可能になり、数値目標も立てやすくなる人生年表の作成をお勧めします。

 

 

 

 

-貯蓄と生活

Copyright© 裕福父さんの楽生楽遊人生 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.