裕福父さんの楽生楽遊人生

生活に少しの工夫で豊かな老後生活を手に入れよう!

家関連

理想のマイホームを建てる(家の強度編)

投稿日:

理想の土地がみつかり、敷地内のレイアウトも確定したところで、いよいよ本丸、家の具体的な検討に入りました。

最初の土地編でもお話ししたように、家を建てる地域は東南海地震の発生が想定される地域です。

ですから、強固な地盤の上に強固な家を建てる必要がありました。

私は、40年以上商品開発の設計部門と実験部門に籍を置いていましたが、特に実験部門では強度開発に深く関わる仕事をしてきましたので、そこで得た知識と経験をマイホーム作りにも役立てることができたのは幸運でした。

それでは私の高強度な家作りをご紹介します。

まずは家の基本骨格を鉄骨にするか木造にするかの選択ですが、強度的にはJIS規格などで材料特性が決められている鉄骨系が良いかなと思っていました。木材は天然素材ですから、強度的な品質が安定しないだろうと思っていたからです。

しかし住宅会社の工場見学に行った時に、このメーカーでは骨格部分の柱や梁には無垢材ではなく集成材を使っていることを知りました。

また工場では各集成材毎に材料特性を測定して強度的な選別をしていることも分かりました。

それならば、一級建築士が強度解析に使う材料データの信頼性が高まり、得られる解析結果の信憑性も鉄骨系並みに高くなるので、強度品質がバラツクという不安が一気に解消されました。

更に、骨格系部材の接合方法が、強度実験者の目から見ても理にかなった構造だったのでより安心しました。

そうなれば、今度は木材系の良さが出てきます。

まず第一に、間取りなど設計の自由度が鉄骨系よりも大きくなります。柱や梁に他の構造部材を取り付けていく場合でも、相手が鉄骨であるより木材の方が取付易く品質が安定します。

また、空洞の鉄骨より中実の木材の方が音の減衰が大きくなるので、2階で人が動きまわった時などに階下に響く音が小さくなります。

また、工場見学では集成材と結合部材の強度実験や家本体まるごとの加振試験なども見学することができ、心は完全に木造に決まりました。

次は家の外観形状の検討です。

この点ではほとんど迷いが無く、以前から建てるなら総二階で屋根は寄棟と決めていました。

理由は、地震や台風などの自然災害にたいして最も強固な構造だからです。

さらに、地震などの揺れを受けた時に、極力応力集中が起きにくい外観形状を心掛けました

たとえば、玄関部分などは外壁から凹みを付けた形状の方が、雨風を防ぐのには好都合なのですが、応力集中を招いて強度的に不利という理由で却下しました。

ともかく、耐震性については一切の妥協を排除しました。

更に総二階はコスト面でも有利で床面積も稼ぎ易い利点があります。

強いてデメリットを上げれは、外観のデザイン性を出し難いことくらいでしょうか。

メーカーの一級建築士との打合せの中で、外観形状に関してアドバイスを頂くことはありませんでした。

次回は、家の間取りについて書きたいと思います。

 

-家関連

Copyright© 裕福父さんの楽生楽遊人生 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.